Loading...

まちケアコモンズは地域住民の皆さまに「備える暮らし」に役立つ地域情報を提供するアプリです。地域の情報を活用して、マイマップ、マイローリングストック 、マイタイムラインなど日頃の備えにお役立てください。

ダウンロードはこちら

お知らせ

  • 監修

    高知県立大学減災ケアラボ
    神原咲子教授
    岡山県倉敷市出身
  • 日本でも、大規模災害や感染症発症など、健康の緊急事態を目の当たりにしてきました。 人々はまちの中で多様な生活をしています。これからは、個人個人とコミュニティにとって何が安心で安全で健康か、どのようにリスクを回避できるか、と考え全く新しい取り組みを共創していくことが必要と言われていますが、都市化の進展や少子高齢化、核家族化により、地域の互助が減少し、それもなかなかかなわなくなり、しかし、情報通信技術の進展によって、新しい、近所を超えた共感できるより広い範囲の人々とつながることができるようになってきました。

    まちケアは医療・防災よりむしろ、安心な暮らしのために、ひいては、SDGsの達成の一助も目指しつつ開発されました。ぜひ、新たなコミュニティの作り方と生活の中での備えを体験してください。

サポーター募集中

「備える暮らし」を応援する「まちケアコモンズ」のサポーター企業・店舗を募集しています。災害リスク情報、防災施設、公共施設、医療・介護施設等の情報を掲載した「まちケアコモンズ」マップに、健康で安心安全な暮らしに役立つ取り組みやサービス情報を掲載して、「備える暮らし」を応援しませんか?

掲載いただきたい情報は

社会資源サービス
駐車場、障害用駐車場、駐輪場、ATM、トイレ、乳児用設備、休憩スペース等の施設や設備の情報、スロープや車椅子貸出などのバリアフリー対応情報、救護室、AED、補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)入店などの救助・救援情報
いつもの取り組み・サービス
新型コロナ感染症対策、防災関連商品・サービス、健康関連商品・サービス、エシカル、環境配慮、自然共生、SDGs、地域貢献・社会貢献などの取り組み情報 等
もしもの取り組み・サービス
災害時営業情報の提供、空き情報の提供、トイレ、電源、フリーWi-Fi、水やお湯の提供、避難場所の提供、休憩場所の提供、物品の提供、独自の非常時サービス 等

サポーターになると

「備える暮らし」を応援する企業・店舗としてイメージアップにつながります。
「備える暮らし」のニーズに対応した商品やサービスをアプリ利用者に提案できます。

サポーターになるには※掲載は無料です

募集対象
「備える暮らし」を応援する取り組みや商品・サービス提供を行っている企業・店舗等
募集期限
随時受け付けています。
登録方法
「まちケアコモンズ」サポーター登録シート に必要事項を入力して、メールで事務局宛にお送りください。

問い合わせ先
まちケア事務局(一般社団法人データクレイドル内 担当:大島、安達)
info@machicare.com

まちケアコモンズ

ダウンロードはこちら